• 舌痛症
  • 繊維筋痛症

姫路で舌痛症・線維筋痛症・交通事故・ムチウチ・心身症・自律神経失調症などの治療はおまかせください。

衣畑整骨院

健康ブログ

当院での症例や日常の様々な症状について取り上げます。
皆様の病気予防・健康維持にお役立てください。

過去ブログ 2013年12月ドライヤーお灸で「冷え」撃退!あらゆる不調に効果を発揮!

現代人は年中冷えている!?

日増しに寒さが増してきましたね。
これからの季節は身体にとって辛い季節ですね。
特に「冷えは万病の元」です。
現代人は一年中「冷えの状態」にあるとも言われています。
冷えはさまざまな身体の不調を引き起こします。
この冷えを解消することで悩んでいた症状がウソのように和らいだり、
改善できたという例もこれまでに多く見てきました。
それだけ影響が大きいものなのです。
2013122

あなたの体温は何度ですか?

1957年の調査では「37.23~36.55度」が日本人の平均体温でした。
今の私達から見ればこの体温は「高い」方に入りますね。
人によってはこの体温を微熱という人までいるはずです。
現代人の体温は36度が平熱というのが一般的でしょう。
諸説はありますが、日本人にとっての理想の体温は36.7度だそうです。
体温をコントロールできていない人が多くいるという事実です。

身体を冷やす食品・砂糖の過剰摂取・運動不足による筋力低下・身体に合わない服による血行不良・過度なストレス
など要因はさまざまです。

ちなみに当院のスタッフ(26)がはかってみると、平熱は35度でした。
これはずいぶん低いですね。
本人は自覚していないかもしれませんが立派な「低体温症」です。
常に手先やつま先が冷たいようです。
それは気温だけのせいではないのです。

低体温症についてはあらためて詳しく別コラムでお話いたします。

お灸のイメージって・・・?

さて、当院では鍼灸を扱っておりますが、
お灸のイメージと言えば、
「熱い」「痛い」「怖い」
とマイナスなイメージが多いですね。
最近の灸は『温灸』が主です。
もぐさを直接肌につけるのではなく、小さな筒の上にもぐさが乗っています。
火をつけるとそのもぐさが燃えて、熱が筒内にこもる仕組みです。
イメージと全然違っていたと驚かれる方も多いです。
また、お灸も行っておりますが、私の治療は極小のもぐさを使います。
いずれも、その効果を考えると私は是非ともオススメしたいのです。

しかしこれは自宅で行うには、なかなか難しいものです。
換気扇を回し、灰皿を用意し、水を、タオルをと事前準備が多いのです。
そこで、こんな方法をご紹介したいと思います。
これなら、火を使わず、煙もでず、家にあるものだけでお灸を再現することができます。
それは毎日髪を乾かす時に使う『ドライヤー』です。
201312

ドライヤーお灸で手間なし簡単冷え対策!

私がご紹介するのはこのドライヤーの温風をツボ付近にただ当てるだけの簡単お灸です。
これなら手間も省け忙しい中でも出来る方法ですね。

ドライヤーお灸にはさまざまな効果があります。
「冷え性改善」「風邪」「頭痛」
「肩こり」「不眠」「イライラ」etc…
特に風邪気味&冷えに良く効きます。
実際私も寝る前にやっています。

ではどのように行うのでしょうか?
いくつか注意点もありますので、しっかり確認してから行って下さいね。

●用意するもの
ドライヤー

●当ててはいけないところ
顔・粘膜・傷口・皮膚のトラブルのある場所

※長時間当てるとやけどの恐れあり。

①温風を肌から10cm程度の所から当てます。「熱い!」と感じた時点で一旦肌から離します。これを繰り返します。  この熱い!がお灸のアチッ!と似た感覚です。1カ所に当てる時間はは1分程度にしましょう。

②この方法は必ず自分自身で行って下さい。人にやってもらうと加減が分からずにやけどをしてしまう恐れがあります。  心地よい程度に熱さの加減をしなければなりません。

③夜寝る前に行うのがベストです。朝夜やれば、なお代謝もよくなります。

④肌の乾燥が心配な方は服の上からおこなってもOKです。距離に注意して下さいね。

ドライヤーお灸に有効なツボ

それでは、いくつかツボをご紹介しましょう。
正確なツボの位置はなかなか見つけにくいものです。
おおよそこのあたりという場所で十分です。

●「風邪」
①風門(ふうもん)・・・肩甲骨と肩甲骨の間の上部周辺
②風池(ふうち)・・・後頭部の髪の毛の生え際あたり

●「咳」
③天突(てんとつ)・・・のど仏の下のくぼみ
④尺沢(しゃくたく)・・・肘を曲げた時にできるしわの外側

●「手足の冷え」
⑤上りょう(じょうりょう)・・・お尻にあるしっぽのような骨の上部
⑥次りょう(じりょう)・・・上りょうのすぐ下
⑦中りょう(ちゅうりょう)・・・次りょうのすぐ下
⑧下りょう(げりょう)・・・中りょうのすぐ下
総じてお尻の真ん中の骨の上に当てて下さい。
⑨三陰交(さんいんこう)・・・内くるぶしの四本上
⑩然谷(ねんこく)・・・内くるぶしの下

●「胃腸の不調」
⑪合谷(ごうこく)・・・人差し指と親指の間
⑫中かん(ちゅうかん)・・・ヘソとみぞおちの中間部分
⑬足三里(あしさんり)・・・膝小僧の下の外側

●「生理痛」
⑤上りょう(じょうりょう)・・・お尻にあるしっぽのような骨の上部
⑥次りょう(じりょう)・・・上りょうのすぐ下
⑦中りょう(ちゅうりょう)・・・次りょうのすぐ下
⑨三陰交(さんいんこう)・・・内くるぶしの四本上

●「頭痛」
⑪合谷(ごうこく)・・・人差し指と親指の間
②風池(ふうち)・・・後頭部の髪の毛の生え際あたり
⑭天柱(てんちゅう)・・・後頭部生え際のくぼみの両外側

ドライヤーお灸にはリラックス効果もあり、温めることで血行が良くなり筋肉の緊張をほぐしてくれます。
そのため内臓機能の動きも活発になり、胃腸の不調に対しても効果を発揮します。
とっても手軽な「ドライヤーお灸」をさっそく今夜から試してみて下さい!

————————————————————————-
交通事故・捻挫・打撲・脱臼
はり・きゅう オステオパシー矯正
気になる症状、困った症状はございませんか?
どうぞお気軽にお尋ね下さいませ。

衣畑整骨院TEL 079-293-3912
〒670-0081 姫路市田寺東2-26-18プラザエム1号室